線香

生活保護を受けていても葬儀を開くことが可能

身内のみで送るという選択

花

心静かにお別れが出来ます

一昔前まで、お葬式といえば大きな会場で大勢の弔問客を迎えて執り行うことが一般的でしたが、現代では様々な事情から家族・親戚・ごく親しい友人のみで故人を見送る家族葬に関心が集まっています。大規模な葬儀にはどうしても高額な費用が必要になりますが、家族葬の場合は規模が小さくなるために費用が抑えられるので、家族に負担をかけたくないという故人のご遺志や経済事情から選択されることが近年では増えています。また、家族葬のプランは葬儀社によって少しずつ違いがありますが、規模が小さくなる他はこれまでのお葬式と変わらないことが多いです。葬式は、一般的には通夜と告別式を執り行うことになりますが、事情によっては告別式のみを行う場合や儀式を全く行わないケースもあります。また、最近ではお寺さんとのお付き合いが全くない方も珍しくないという事情から、八尾ではお坊さんを紹介するシステムを持っている葬儀社がほとんどです。そのため、お坊さんを呼ぶ際はあらかじめ相談しておくことをおすすめします。このことからも、きちんと葬儀で供養するためには、お坊さんは呼んでおいたほうがよいでしょう。それから、家族葬というと低価格なお葬式ということが主に取り上げられます。しかし、弔問客の対応に追われないので、儀礼的にならず、親しい人達と心静かにお別れが出来るという理由から、家族葬を行なう家庭が増えています。また、静かにひっそりと葬儀を終わらせたい方にも向いている葬儀となっています。