葬儀

生活保護を受けていても葬儀を開くことが可能

大切な別れの時間

男性

東成区の病院で家族を失った時は、葬儀社を探し火葬まで必要なことを引き受けてもらいます。故人の宗派に応じた葬儀を行える業者を探しましょう。また葬儀社が決まった後はまず見積額を出してもらいます。こうした業者には必要な設備も整えてもらえます。

身内のみで送るという選択

花

八尾のような都市部では、ごく親しい人のみで執り行う家族葬が選ばれるケースが増えています。規模の小さい家族葬なら、低価格でもきちんとしたお葬式をしたいという事情を抱えた方も安心ですし、儀礼的ではなく心を込めて執り行いたい方にも最適です。

いざというときのために

葬儀

葬儀を行う際には、業者選びに注意しなければなりません。すべきこととしては、柏原市にある業者のピックアップをして、気になるところに資料請求をし、実際に相談や見学を行うことです。一つ一つの対応にも注意してチェックするといいでしょう。

シンプルに故人を見送る

蝋燭

相談時の対応を見極めて

生活保護を受けていた人の葬儀をあげるときや、生活保護を受けている人が施主となり葬儀をするときには、国から葬祭補助を受けることができます。その金額は自治体により異なりますが、最低限の金額といえるため、葬儀内容は非常にシンプルなものになります。近年は、葬儀の多様化により、こうした生活保護者へのシンプルな葬儀を扱う葬儀社も増えてきています。シンプルな葬儀内容のため、どこも違いはないと思うかもしれませんがそれは違います。やはり会社によりサービスは少しずつ異なり、費用や対応も変わります。依頼するときには、後悔のないようにきちんとした選び方をするのがおすすめです。まず押さえておかねばならないのは、申請は事前に行わねばならないという点です。葬式がすんでから申請しようとしても遅いので、その点をきちんと教えてくれる会社を選ばねばなりません。生活保護を受けている人は、葬式関係への出席経験が少なく、知識もないことが大半です。そうでない人でも、葬式などは非日常のことなので知識がなくて当然です。こうした気持ちに寄り添って丁寧な対応をしてくれる会社を選ぶべきでしょう。また、事前に申請することになるので、亡くなる前から相談できる体制があるとベストです。とはいってもその点もなかなか意識してないと難しいので、亡くなってから緊急対応することになるのが多くなります。緊急対応をしてくれるかどうかもチェックポイントです。あとは、親身になってくれるかどうかが重要です。葬儀は非常に精神的負担が大きいものなので、そのような気持ちに寄り添ってくれる会社を選ぶとよいでしょう。